« エステー エアカウンターの紹介2 | トップページ | エステー エアカウンターのシンプル設計 »

2011/08/03

エステー エアカウンターの機能

少し専門的な話になってしまいますが、
放射線の量っていったいどうやって
測定しているのでしょうか?


測定の対象は空気中に含まれるガンマ(γ)線で、
放射線の量は、0.05μSv/h~9.99μSv/h の範囲で
測定します。


ちなみに、
μSv/hとは毎時マイクロシーベルトのことで、
放射線の影響が、1時間あたりどのくらいあるのかを表します。


測定の仕組みとしては、
放射線が入ったらまず、半導体のセンサーが反応します。


そして、発生した電荷をカウントするために信号に変え、
換算式によって毎時マイクロシーベルトに変換します。


このようにして測定された値が、
エアカウンターの画面に表示されるというわけです。


このような測定の仕組みをおおまかに知っておくと、
安心ですね。


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!


« エステー エアカウンターの紹介2 | トップページ | エステー エアカウンターのシンプル設計 »