2011/08/01

エステー エアカウンターの紹介1

今、注目を浴びている商品があります。


それが、家庭用の放射線測定器「エアカウンター」。


エステー エアカウンターは、
エステー株式会社から発売される商品です。


その名のとおり、
家庭での使用を目的とした放射線測定器で、
操作もとてもシンプルで簡単。


気になる性能も承認済みです。


希望小売価格は、税込みで15,750円で、
お求め安い価格に設定されています。


このお値段で、これだけの性能があるのは
驚きです。


ところで、エステーといえば、
「消臭プラグ」などでも有名な、日常生活用品の
開発、発売をしている会社。


電気を使ったアイデア商品でも定評があります。


そんな実績をもつエステーが発売したこの
エステー エアカウンターはとてもオススメです。


こんなにシンプルなエアカウンターなら、
誰でも気軽に放射線量を測定することができます。


まさに家庭用に作られたエステー エアカウンター。


これからの時代、
家庭に一台は置いておきたい商品になるかも
しれませんね。


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!

2011/08/02

エステー エアカウンターの紹介2

エステー エアカウンターは、
2011年7月26日、エステー株式会社により
プレスリリースされた新商品で、
2011年10月20日から発売予定です。


エアカウンターは、エステー株式会社と
首都大学東京大学院との共同開発によって実現。


共同開発にあたっては、
放射線安全管理学が専門で、
首都大学東京大学院の福士政広教授の監修の元で
行われました。


ところで、
放射線って体によくないのはわかっているけど、
実際、どんな影響があるのか・・・。


正確な放射線の正しい知識って
なかなか得るのは難しいですよね。


エステー エアカウンターを購入すると、
「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」
という小冊子が付いています。


放射線とは何か?という基礎知識から始まって、
放射線に関する影響など、
さまざまな疑問に答えてくれます。


放射線に関する風評や不安は
これでかなり解消できそうですね。


こんな小冊子が1冊あれば、頼もしいです!


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!

2011/08/03

エステー エアカウンターの機能

少し専門的な話になってしまいますが、
放射線の量っていったいどうやって
測定しているのでしょうか?


測定の対象は空気中に含まれるガンマ(γ)線で、
放射線の量は、0.05μSv/h~9.99μSv/h の範囲で
測定します。


ちなみに、
μSv/hとは毎時マイクロシーベルトのことで、
放射線の影響が、1時間あたりどのくらいあるのかを表します。


測定の仕組みとしては、
放射線が入ったらまず、半導体のセンサーが反応します。


そして、発生した電荷をカウントするために信号に変え、
換算式によって毎時マイクロシーベルトに変換します。


このようにして測定された値が、
エアカウンターの画面に表示されるというわけです。


このような測定の仕組みをおおまかに知っておくと、
安心ですね。


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!


2011/08/04

エステー エアカウンターのシンプル設計

エステー エアカウンターは、
誰でも気軽に簡単に測定できるように
そのデザインにもこだわっています。


本体はコンパクトで持ちやすく、
色は白で、丸みを帯びたデザイン。


サイズは、
約 82mm×62mm×34mm。


重さはわずかに約105g。


測定値が表示される液晶画面の文字も、
大きくて見やすくなっています。


これはうれしいですね。


エアカウンターは乾電池式で、
単4アルカリ電池を2本使います。


このように、誰でも使いやすいように、
デザインはいたってシンプル。


ところで、
一般に、放射線測定器と聞けば
なんだか重くて、操作が難しい機械という
イメージが浮かびませんか?


でも、
この家庭用の放射線測定器「エアカウンター」は
まったく違います!


軽量コンパクト、
そして、操作の簡単なシンプル設計。


それでも性能はバッチリ!


これなら誰でも簡単に測定できますね。


まさにこんなのが欲しかったという人、
きっと多いはずです!


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!

2011/08/05

エステー エアカウンターの測定方法

エステー エアカウンターを実際に使って
放射線量を測定するにはどうしたらいいでしょうか?


測定方法はとても簡単です。


たとえば、放射線が気になる場所で、
地上から1メートルの高さのところで
エアカウンターを水平に持ちます。


測定する人の身長によっても異なりますが、
だいたい自分のお腹から胸くらいの位置に
持つといいでしょう。


操作はボタンひとつでOK。


測定時間は、放射線の量によっても違ってきますが、
最長の場合で約10分間です。


測定値の測定に関しては、
国家標準に基づき実施された校正により、
精度の承認も受けています。

そのため、測定値には高い精度を保っています。


測定場所はどこでもOK。


お子様のいる家庭なら、
子供の遊ぶ公園などは気になりますね。


また、自宅で家庭菜園をしている人は、
畑の土に含まれる放射線量を測定するのにもいいです。


エアカウンターが家庭にあれば、
いつでもすぐに放射線量を測定してくれるので、
とても安心ですね。


2011年の最新モデル 食品測定機能付(硝酸塩)のガイガーカウンターはこちら!

«エステー エアカウンターのシンプル設計